コーティング coating
コーティング
ボディーコーティングMGシリーズ
ボディコーティングとは?
塗装保護というと「ワックス」が一般的ですが、「ワックス」は塗装面の上に一時的な油膜を形成するもので、耐久性や硬度に優れません。「ボディコーティン グ」とは車のボディに特殊な液剤を塗布することで被膜を形成し、長期間新車時の輝きを持続すると同時に、傷や汚れをつきにくくする処理です。
ボディコーティングMGシリーズの特性
マツダのボディコーティングMGシリーズは、独自開発のガラス系コート剤を使用しています。硬質なガラス系の被膜は劣化しにくく、キズもつきにくいので、洗車機にも使用することができます。そして汚れも落としやすいので、普段のお手入れは水洗い程度で大丈夫。MGシリーズなら、お車のきらめくような光沢と深く質感のあるツヤ、そして撥水性をもたせることができます。
  • イメージガラス系被膜が生み出す、きらめくような美しい輝き。
  • イメージ劣化しにくい、硬質な被膜。だから洗車機 ※ もOK。

※濃色車はブラシ傷が目立ちますので、手洗い洗車をおすすめします。

日頃のお手入れは月に一度水洗いするだけです。

お手入れの詳細については
お手入れ方法ページをご覧ください。

こんな方におすすめします!
  • ワックスは面倒だけど、お車の外観をキレイに保ちたい方
  • 新車時の光沢を保ちたい方
  • 洗車をもっと簡単に済ませたいとお考えの方
  • 屋根のない駐車場によく駐車される方
  • ゆっくりと洗車できる場所や時間が無い方
  • 砂利道をよく通行するなど、汚れやすい条件下での使用が多い方
  • CX-7やMPVなど、洗車に時間のかかるクルマをご購入の方

安心の長期間サポート付

ボディコーティング MGシリーズは、ニーズに合わせて以下の3商品をそろえております。

*1:サポートとは? 当該ボディコーティングを施工された車両の塗装の光沢が通常の使用条件において、一般ユーザーが認識できるレベルで明らかに劣化したと認められた場合はそ の部位を無料補修(再施工)します。また、お客様が車両保険に加入されている場合は、事故時の鈑金塗装部分のコーティング再施工費が、サポート満了日まで 車両保険でカバーされます。(保険会社により対応が異なる場合がありますので、念のためご確認ください)

*2:メンテナンスサービスとは?
販売会社で、12ヵ月毎のメンテナンスサービスを実施します。なお、お客様が転居された場合は、転居先の販売会社でメンテナンスサービスを引き続きお受けいただけます。

    【メンテナンスサービスの内容】
  • 専用メンテナンス剤を用いた洗車作業と、コーティング面の状態を点検します。
  • シミ取り、鉄粉除去、ピッチ・タール除去、小キズ取りなどのメンテナンスは有料です。


新車施工価格
対象車種 新車施工価格
MG-1 MG-3 MG-5
軽自動車、デミオ、ベリーサ、ロードスター 33,943円
(31,429円)
44,229円
(40,953円)
54,515円
(50,477円)
アクセラ、プレマシー、CX-3 39,086円
(36,191円)
49,372円
(45,715円)
59,658円
(55,239円)
アテンザ、MPV、ビアンテ、CX-5 44,229円
(40,953円)
54,515円
(50,477円)
64,800円
(60,000円)

※掲載価格はメンテナンスキットが含まれた施工価格です。
( )内は消費税抜きの価格です。


付属メンテナンスキット
付属メンテナンスキット
  • メンテナンスシャンプー 270ml
  • ツヤ・撥水強化剤 220ml
  • シミ取り剤 50ml
  • 洗車用スポンジ
  • 拭き取りクロス
  • お手入れ方法書
  • 専用ハードケース
  • 施工ステッカー(車両に貼り付け)

※付属のメンテナンス剤は、単品でお買い求めいただけます。
  最寄の店舗スタッフにお問合せください。