メンテナンス部品 maintenance
全メンテナンス部品一覧
安心・快適なカーライフのためにはちょっと早めの点検を。

多くの部品の集まりである車は、走るにつれて、そして時間の経過とともに部品の劣化や摩耗が進みます。

点検や消耗部品の交換は「ちょっと早め」が大きなトラブルや余分な出費を防ぎ、次の点検までの「安心・快適」を提供します。

maintenance top image
エンジン系
駆動系
ブレーキ系
その他
エンジン系
エンジンの摩擦部分に油膜を作ることによる摩耗の低減、焼き付きの防止、エンジン内部にできる小さな隙間を油膜で防ぐことによる、エネルギーのロス防止など、重要な役割を持っています。
エンジン内で潤滑しているオイル中に含まれるカーボン(すす)、高温酸化によるワニスやスラッジ(堆積物)、摩耗したエンジンの金属粉等を除去し、ろ過してきれいなオイルをエンジンに供給する役割を果たしています。
エンジンを冷却するための液体です。凍結防止、温暖地におけるオーバーヒート防止に大きな効果を発揮します。
エンジンの性能を最大限引き出すためには、吸入、圧縮、爆発、排気の各工程に同期して吸気と排気のバルブが開閉する必要があります。このバルブ開閉のタイミングをクランクシャフトからカムシャフトに伝える働きをしています。
エンジンのクランクシャフトから動力をとり、エンジン補機類(オルタネータ、ウォーターポンプ、エアコンコンプレッサー、パワーステアリングポンプ等)を駆動させる重要な役割を担っています。
高電圧による放電で火花を発生させ、熱焼室に吸入された混合気(燃料と空気)を燃焼させるきっかけ(火だね)をつくる役割をしています。
エンジンが必要とする空気にはごみやほこりが含まれています。このごみやほこりがろ過されないままエンジン内部に吸入されるとシリンダを傷つけエンジン不調を起こす原因となります。それを防止するため空気中のごみやほこりをろ過するのがエアエレメントの役割です。
エンジンの始動装置(セルモーター)、点火装置(スパークプラグ)及び灯火装置、その他装置(オーディオ、ワイパー)に安定した電力を供給するための『電源』です。
エンジン系
オートマチックトランスミッションに入っているオイルの一種です。エンジンで発生した力の増幅、増幅した力のギヤへの伝達、ギヤやベアリング等の部品の潤滑、自動変速操作を行うための圧力伝達などの作用をします。
車軸(ドライブシャフト)のタイヤまわりとの接合部をカバーし保護する重要な部品です。
唯一地面に接していて、「走る」、「曲がる」、「止まる」ために重要な部品です。車やドライバー、荷物などの重さを「支える」、路面の凹凸などによる衝撃を「やわらげる」機能も持っています。
エンジン系
ブレーキペダルを踏んだ力をホイールシリンダーやディスクブレーキキャリパなどへ伝達します。
車輪と一体で回転するディスクローターを両側からはさみ、その摩擦力で回転を止めて、ブレーキをかける働きをしています。
エンジン系
降雨、降雪により、ドライバーの視界が妨げられるのを防止し、走行中の安全視界を確保します
エアコンから噴出する空気に含まれる、粉塵、花粉、悪臭成分など健康に影響の恐れがある成分を除去して低減するのが、エアコンフィルターの役割です。